川崎ものづくりブランド
HOME 製品に関するお問い合わせ プレスリリース 認定製品 認定申込 川崎ものづくりブランド推進協議会
認定製品〈第3回認定〉
 認定製品第3回認定 > 【ミューフィット】 ミューフィットジャパン |
> 【DVRセキュリティーシステム】 エコトロジャパン |
> 【FPP03-13】 神津精機 | 【減塩モニタ】 河野エムイー研究所 |
> 【リアヴューモニター】 日本ヴューテック | 【Mobile Water】 日本ベーシック |
> 【PS-2021】 ポーレック | 【CCFLレーザー溶接装置】 メカトロジャパン |
リアヴューモニター リアヴューモニター
モニターに常時映るトラックの後方映像をルームミラーでみることにより、安全運転が可能となる
会社概要はこちら
自動車にかかわる仕事がしたい

 篠塚建次郎という名前をどこかで見たり聞いたりした人は多いと思う。カーレーサーである。パリ・ダカールラリーでは毎年活躍している。松波登社長は、その篠塚建次郎に大学生の時に知り合い、その魅力に引き込まれた。学生時代にはラリーチームに参加し、ラリーの面白さを堪能していた。卒業後は、三菱自動車系の自動車販売会社に入社し、その傍ら休日は三菱ギャランでラリーチームに参加するという入れ込みようである。しかし、松波社長は、父親との約束があった。父親が経営するガス検知機メーカーを継ぐという約束である。1年8か月で親の会社に入社すると、トヨタ自動車から声を掛けられ1973年ファクトリーカーでJMSラリー選手権に参戦し3位となる。30歳の時、父が亡くなった。父の会社の社長に就任したが、経営の実態は厳しく大きな負債を抱え倒産寸前という状況にあったという。自動車どころではない。必死で、父から受け継いだ会社を立て直した。再建の目処がやっとついた時、ある夜に夢を見た。トラックを運転して、ルームミラーを見ると、後席に置いたテレビの画面に後方の景色が映っていた。「これだ!」と思った瞬間、昔の自動車への想いが甦ってきた。大型トレーラーの免許取得時に後方視野の悪さには苦労させられていた経験に結びつく。トラックにおける後方確認は、これまでギアをバックポジションに入れた時のみに「バックアイカメラ」が作動して、運転席ダッシュボードのモニター映像でドライバーが後方確認を行っていた。自動車工業会の基準では、走行中にモニター映像を直接見る映像表示を認めていなかったため、バックする時のみ映像が見られる仕組みとなっていたのである。

独自のアイディアと自らの経験から生まれる
 リアヴューモニターの特徴は、大きく4つある。第1は、これまではモニターによる後方碓認はトラックがバックする時にだけ認められていたが、走行中も乗用車感覚でドライバーが常時後方確認出来ることである。これは、モニターをルームミラーの後方におくことで、ドライバーはモニターを直接見るのではなく、ルームミラー(バックミラー)を通して間接的に後方映像を見るため、当時の運輸省より走行中の映像表示が認められて可能となった。第2は、松波社長のドライバーとしての経験が活かされた。それは、ドライバーの目とモニターの間の焦点距離の問題を解決したことである。通常のバックアイカメラのモニター(ルームミラーの位置にモニターを設置するタイプが増えた)では、運転中は遠くを見ているドライバーが、目とモニター間の短い距離に焦点を合わせなければならない。これは想像以上にドライバーの眼に大きな負担がかかる。リアヴューモニターは、モニターがルームミラーの後方にあるため、ルームミラーの奥にモニターが見えて後方碓認ができるため、目の負担が軽くてすむのである。第3は、トラックの運転においても走行中に後方死角がなくなる事が、ドライバーにとって大きな安心につながる。セダン型の車ではいつも後方確認ができるが、後方確認ができない状況で運転することは大きなストレスになることをわれわれも経験している。第4は、後方の停止位置確認がリアヴューモニターで行えることである。モニターに停止位置のプログラムをいれることで、安全に正確にバックしながら停止することが可能となる。
運送会社から認められた製品

 開発から12年、発売から10年で約10,000台以上が販売された。これは、第一にトラックドライバーの認知を得たことがあげられる。ドライバーは、走行中の後方死角がなくなることが安全運転につながることを一番よく知っている。いいことがわかっていても、リアヴューモニターの導入は経営者側にとっては設備投資となる。試験的に導入していた会社が、その安全性と効率性を次第に理解し認めはじめた。企業側にとっても大きなメリットがあることが認識されていったのである。全日本トラック協会では平成18年度に走行中にも後方視野が確認できる装置に助成金を出すこととなり、リアヴューモニターの普及に、はずみがついた。平成19年には川崎ものづくりブランドにも認定された。モータースポーツの世界にも採用され、パリ・ダカールラリーのチームスガワラのレース車にも搭載され、チーム車はみごとに連続入賞を続けている。松波社長の若い頃からの想いが叶うこととなった。父親から受け継いだ会社を安定経営し、一方で自動車関連のベンチャー企業を経営することが続きそうである。リアヴューモニターは、まさに松波社長の想いを叶えた製品といえる。

認定委員の評価
○ 開発者自らの運転経験に基づいた有効な製品。
○ ユーザーニーズを的確に把握し、製品開発に活かしている。
○ トラック事故削減にも繋がっており、安全性への取り組みが評価できる。
○ 簡単な構造だが、視認性の向上になっている。
会社概要はこちら
| 戻る |
ニュースバックナンバー リンク集 プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
 Copyright(C) KAWASAKI MONODUKURI BRAND.All Rights Reserved.