川崎ものづくりブランド
HOME製品に関するお問い合わせプレスリリース認定製品認定申込川崎ものづくりブランド推進協議会
認定製品〈第9回認定〉
認定製品第9回認定 【レーザ・ドップラ速度計】アクト電子株式会社 | 【ナテルン】アップコン株式会社 |
【かいけつ出席】株式会社アルファメディア | 【機能実装ツール】SOLIZE Products株式会社 |
【エイエルフィルター】株式会社エイエル工業 | 【SOKENシリーズ】株式会社ソーケン |
【TNPLシリーズ】東京整流器株式会社 | 【YAMA LIGHT】山勝電子工業株式会社

ナテルン

グランド緑化を支える縁の下の力持ち

保水性・透水性を自由に調整できる土壌改良材

校庭芝生化の工費削減、工期短縮


会社概要はこちら

ナテルン

独自開発したウレタン樹脂の活用

アップコン(株)は、自身や地盤沈下などの原因で沈んだコンクリート床を、業務を止めずに短時間で修正する施工会社である。既存の沈んだ床に小さな孔を開け、そこに特殊ウレタン樹脂を注入し、樹脂の発泡圧力により、床下からコンクリートを押し上げて元に戻す「アップコン」工法で、工場や倉庫、店舗、住宅、学校、道路、空港エプロンなど日本全国に展開している。当社は、この「ウレタン樹脂」を使って、何か社会貢献できる新しい事業はないか日夜研究・開発を行っており、今回新しい「ウレタン樹脂」を用いたウレタン製土壌改良材「ナテルン」(以下、「ナテルン」)を開発し、緑化事業を展開している。

この「ナテルン」は、ウレタンの原料(ポリオールとイソシアネート)から樹脂を製造する過程において、環境に安全なプラスα(社外秘)の材料を混合することによりウレタン樹脂の気泡を壊すことに成功したもの。これにより、保水性・透水性に優れた土壌改良剤となり、散水の回数低減や水分過多による根腐れ防止に繋がり、芝生の維持・管理が容易になるというメリットが生まれる。またプラスαの混合率を変えることにより、保水性・透水性を自由に調整することも可能だ。

ナテルン

更に、粉砕された「ナテルン」が土中に存在することでクッション性も高まる。これにより利用者の脚への負担も軽減される。また土壌に混ぜ込む割合によって、土壌の硬度を自由に変えることができるので、どの土質でも利用者の要求する土壌をつくることができるのである。


校庭の芝生化事業を推進

校庭が芝生化されることは、見た目にも美しく、心も癒され、砂埃なども立たない。しかし現実は広く普及するには至ってはおらず、全国の公立学校(小・中・高)の芝生か整備率は5%に留まっている。その理由としては、芝生の整備にかかる初期費用が大きく、管理メンテナンスの問題があるといわれている。

「ナテルン」は、暗渠の敷設や既存土壌の入換えをせず、既存の土壌に混ぜ込むだけなので、軽便な工事で済み、従来より工期を大幅に短縮することができる。更にかかる費用も1/2程度で済む。また、前述にある通り、維持・管理が容易であるのも特長だが、当社は、学校行事に合わせた芝生の維持管理マニュアルを無償提供しており、生徒児童や教員による維持管理ができるように、また、公園等では周辺住民による自主管理ができるようになるなどサービス提供も行う。

これまで川崎市立久本小学校、川崎市立高津中学校、川崎市立橘高等学校、神奈川県内高等学校で実施されており、生徒児童が裸足で走り回る姿を見ることが出来る。


校庭緑化以外での応用活用

小中学校の校庭芝生化は、児童生徒の安全を高めるとともに、ヒートアイランド対策として進められており、たとえば、東京都では全公立小中学校の校庭の芝生化を2020年までに進める計画となっているなど、芝生化における「ナテルン」の活用機会は広がっている。

また、芝生化以外の新しい用途として、ウレタンの気泡の空隙に肥料等を入れることによる農地の土壌改良や砂漠を緑化するための土壌改良における活用なども、今後の研究題材として視野に入れており、「ナテルン」は、多方面かつ世界中での展開が期待される製品である。


会社概要はこちら


| 戻る |