川崎ものづくりブランド
HOME製品に関するお問い合わせプレスリリース認定製品認定申込川崎ものづくりブランド推進協議会
認定製品〈第9回認定〉
認定製品第9回認定 【レーザ・ドップラ速度計】アクト電子株式会社 | 【ナテルン】アップコン株式会社 |
【かいけつ出席】株式会社アルファメディア | 【機能実装ツール】SOLIZE Products株式会社 |
【エイエルフィルター】株式会社エイエル工業 | 【SOKENシリーズ】株式会社ソーケン |
【TNPLシリーズ】東京整流器株式会社 | 【YAMA LIGHT】山勝電子工業株式会社

YAMA LIGHT シリーズ

 

会社概要はこちら

YAMA LIGHT シリーズ

ユーザに直接届く製品を作りたい

YAMA LIGHT シリーズ 山勝電子工業(株)は、創業40年目を迎える精密電子機器の設計や受託生産を行う企業である。主な事業は、プリント基板設計・製造、電子機器の設計・製造、検査計測機器の設計・製造であり、これまでも高い技術開発力により、アメリカ航空宇宙局(NASA)はじめ医療機関などに製品を納入する実績がある。

また、2002年には、ブルーレーザーダイオードを電圧変化や湿度差などの環境変化のもとで連続作動させ、初期不良や寿命評価をおこなう試験システムで、神奈川工業技術開発大賞奨励賞を受賞している。こうした高い技術力を有する当社の製品はメーカーに納入されていたため、当社はこれまで直接消費者(ユーザ)と接する製品を製造したことがなかった。そこで、蓄積された開発設計ノウハウや光学分野における高度な技術を活かし、直接消費者に届く製品をつくりたいという思いで生まれた製品がLED照明機器「YAMA LIGHT」である。


5つの独自性・先進性を持つLED照明

YAMA LIGHTは、次の5つの独自性・先進性を有している。

第1の特徴は、フリッカー(ちらつき)やノイズを抑えている点である。LED照明は、省エネ性能、長寿命性などが特徴であるが、一部でフリッカーやノイズが発生し、特に女性から不快であるとの評価が普及の妨げとなっている。そうした不快さの原因は、LED素子を直流で発光させるために必要となる交流から直流に変換等をする電源ユニットから生じるものであるが、YAMA LIGHTは独自の電源ユニットの開発と回路設計により、フリッカーやノイズの発生に関する課題を解決している。

第2の特徴は、業界最軽量の直管型LED管を実現している点である。一般的にLED素子は高温で発熱するため、LED照明機器は放熱板から熱を逃がす構造が必須となっているが、独自の回路設計による発熱制御をおこない、放熱板を不要としたことで、大幅な軽量化を実現している。

また、第3の特徴は光の色合いである。LED照明の「光がきつい」という消費者の声があるため、YAMA LIGHTでは自然光(太陽光)に近い色合いとする回路設計を行い、演色性でRa89という色の発光を実現している。また、光の明るさの減衰や赤外線や紫外線の発生を抑えているため、美術品や商品にダメージを与えることもない。

第4の特徴は、取替えなしで4万時間使用ができる長寿命の実現である。長寿命はLED照明共通の特徴であるが、YAMA LIGHTは特に発熱を抑えたことによりLED素子の劣化を防ぎ、さらなる長寿命化を可能としている。1日12時間の使用を想定すると約10年間取替えなく使用でき、蛍光灯との比較では3〜5倍の寿命時間となる。

そして、第5の特徴は消費電力の少なさであり、蛍光灯とYAMA LIGHTを比較すると、同じ照度での消費電力は、蛍光灯(例えば45W)に対してYAMA LIGHT(24W)は約45%であり、電気料金の削減に寄与する。

このようにこれまでのLED照明が抱えていた課題を克服した次世代型ともいえる製品開発の源には当社が長年培ってきた回路設計技術がある。まさに、川崎から生まれ、発信されるLED照明である。



会社概要はこちら


| 戻る |