川崎ものづくりブランド
HOME 製品に関するお問い合わせ プレスリリース 認定製品 認定申込 川崎ものづくりブランド推進協議会
認定製品〈第13回認定〉
認定製品第13回認定 【AP-ミラープロファイル】株式会社アピック | 【エレモ】株式会社SKジャパン |
【薄膜積層コーティング装置】エムテックスマート株式会社 | 【PWM変換器】株式会社大野技術研究所 |
【エコロジコン】株式会社高昭産業 | 【ODS-8】株式会社ショウエイ |
【タブレットアドミン】東信電気株式会社 | 【ナチュラルセンサー】株式会社日本システム研究所 |
【パーツカウンター】株式会社マイス

PWM変換器

 

会社概要はこちら

PWM変換器

PWM変換器

既設の調光器を用いてLED調光を実現

調光機能のある白熱灯をDC用LEDに置き換えて引き続き調光機能を持たせる場合には、通常は既設の調光器を全てLED対応の調光器に交換する必要がある。これは旧来の照明機器で使用されている調光器の多くが位相制御式であるのに対してDC用LEDは定格電圧が低いことに加え、位相制御が行えないことによる。当社は、この位相制御式の信号をPWM制御式の信号に変換することで、既設の調光器はそのままにLEDに調光機能を持たせることができる変換器を開発した。


PWM変換器

技術的課題はノウハウで克服

こうした変換器は既に存在しているが、変換可能な調光器が限定的であるほか、照明の点滅やちらつきが発生しやすく、それを抑えるために調光階調数が低く設定されているなど、技術的な課題は残されている。LED調光制御や照度制御に実績のある当社は、信号を変換する演算を独自のノウハウでプログラミングすることで、ノイズの影響などを極力抑えて安定度の高い調光を可能とした。これまで難しいとされていた低照度における調光もスムーズに行うことができ、その階調数は4,096と非常に高い。また、ほとんどの位相制御式調光器に対応することができるため、機能性・汎用性ともに高い水準の変換器となっている。


PWM変換器

早くもリピートが

こうした変換器は主にホテルなどで導入されており、試験的に導入した顧客からのリピート受注も多く寄せられており、販売開始から順調な滑り出しを見せている。白熱灯と間接照明などのDC用LEDの混在調光システムも可能であり、演色性を重視する高級ホテルからは高い評価を受けている。2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けた建設投資の増大に伴い、更なる需要が見込まれるだろう。



会社概要はこちら


| 戻る |