川崎ものづくりブランド
HOME 製品に関するお問い合わせ プレスリリース 認定製品 認定申込 川崎ものづくりブランド推進協議会
認定製品〈第14回認定〉
認定製品第14回認定 【RB-SSS】市川工業株式会社 | 【μPRISM(マイクロプリズム)】エレックス工業株式会社 |
【扁平ピンゲートブッシュ】有限会社小椋製作所 | 【長寿命LED照明電解コンデンサレス電源】株式会社信夫設計 |
【Takara-Protect Soap】宝養生資材株式会社 | 【TMC8100】株式会社テクノドライブ |
【聴くゾウ】株式会社テレメディカ | 【青魚一貫処理ライン】フィレスタ販売株式会社 |
【ラベル剥離機】ユニック産業株式会社 | 【金属箔の精密圧延加工技術】リカザイ株式会社

長寿命LED照明電解コンデンサレス電源

 

会社概要はこちら

長寿命LED照明電解コンデンサレス電源

既存のLED照明電源の特徴

長寿命LED照明電解コンデンサレス電源

一般的なLED照明装置の構成はスイッチングレギュレータにより交流を調整した後に、4000時間が半減期の高価で短寿命な電解コンデンサを使用して脈動をなめらかに平滑して直流に変換している。したがって「電解コンデンサ」の実質容量が、変換された後の直流の品質を確定し、製品の安定性を支配している。あらかじめ、性能低下を見越して1000μFほどの大容量の電解コンデンサが使用される場合があるが、そのような対策を施していても、LED照明装置の大半は4万時間以上を保証することができない。一方でLED素子は6万時間で70%ほどしか減光がなく、電源装置部分に比べても長寿命といえる。当社は既存のLED製品の欠点はLED寿命の長さに対する電解コンデンサの寿命の短さにあると考え、電解コンデンサを使用する方式とは別のアプローチでLED照明の長寿命化を図った。


短寿命な電解コンデンサではなく、長寿命なフィルムコンデンサを使用

本製品は従来電解コンデンサの大容量によりもたらされていた直流品質の確保を、新規に開発した「マトリクス型安定回路」を使用することで実現。この回路は2個以上のマトリクス状に配した安定器を使用して、効果的にリップル除去を行うことで、中間に位置する長寿命のフィルムコンデンサの必要容量を減らしながら、直流品質の確保を実現した。電解コンデンサを用いないことで、従来方式では実装が難しかった高熱にさらされる筐体内へ電源の実装を可能とし、設置工事の簡略化や、導入コストの削減を実現した。また、部品点数が削減されたことで、特に薄型軽量が必要とされるベースライトLED照明装置に向いた商品の開発が可能となった。


長い交換サイクルが実現

長寿命LED照明電解コンデンサレス電源

本製品を用いることで、照明器具全体の寿命は旧来製品の2〜3倍となる。よって、高所など設置の難しい場所に設置された照明器具の定期交換のメンテナンス頻度は減少するメリットの他、省エネ効果や廃棄物処理コストの低減が期待できる。また、本製品には高品質な部品だけを採用しているため、従来品の倍以上の10万時間を得ており、10年間の保証期間が設けられている。万一の不具合発生時には自社開発製品ならではの柔軟な対応が可能。FMEA/FTA手法を採用して安定した製品品質を確保している。



会社概要はこちら


| 戻る |