川崎ものづくりブランド
HOME 製品に関するお問い合わせ プレスリリース 認定製品 認定申込 川崎ものづくりブランド推進協議会
認定製品〈第14回認定〉
認定製品第14回認定 【RB-SSS】市川工業株式会社 | 【μPRISM(マイクロプリズム)】エレックス工業株式会社 |
【扁平ピンゲートブッシュ】有限会社小椋製作所 | 【長寿命LED照明電解コンデンサレス電源】株式会社信夫設計 |
【Takara-Protect Soap】宝養生資材株式会社 | 【TMC8100】株式会社テクノドライブ |
【聴くゾウ】株式会社テレメディカ | 【青魚一貫処理ライン】フィレスタ販売株式会社 |
【ラベル剥離機】ユニック産業株式会社 | 【金属箔の精密圧延加工技術】リカザイ株式会社

TMC8100

 

会社概要はこちら

TMC8100

モータを滑らかに

当社は創立以来、モーションコントロール製品の開発メーカーとして精密位置決め装置を中心にモータ、駆動装置、制御LSI(高密度集積回路)をトータルで提案、販売をしてきた。

今後更に成長が期待されるロボット業界において、特に医療用、介護用ロボットにおいては、人間の動きに近いなめらかな動作が期待されており、より複雑な動作制御が要求されている。

本製品『TMC8100』は、そのような中で、安価で使いやすいロボット制御LSIをめざし、使用するすべてのモータを滑らかに、そして複雑な動作の制御を可能にした製品である。


任意の軸を選んで補間制御

多くの多関節型ロボットにおいて、動作が決してなめらかではなく、関節数が多いと振動の制御に時間がかかるため無駄が多くなることや、LSIを複数個使用した場合、任意の軸での補間制御がとても複雑な作業になってしまうことが、開発コストの増大、生産効率の低下に繋がってしまう等の課題を抱えている。

これらの課題を解決するために、LSI間をまたいで任意の軸を選び補間制御し、複数個のLSIを同期させることで、使用する全てのモータを同期する事に成功した。これにより多関節ロボットをなめらかに精度よく動作制御することが可能となった。さらに各種機能を内蔵することにより、余計なソフト開発や回路設計といった追加費用を必要としないため、ユーザーにとって開発コストの低減が可能になり、開発期間も短縮できる。


市場規模の拡大に対応

現在、日本が高齢化社会を迎え、少子化時代となっている状況の中で、業種、業態を問わず企業にとって労働者人口の減少という特異的な時代背景となり、ロボット化、自動化が必須となる時代に入っている。本製品は従来型に比べ、高機能、そして安価でユーザーに供給が可能となり、FA市場だけではなく、医療市場及び介護市場など、市場規模の拡大に対応することが社会貢献につながることが期待される。

TMC8100 TMC8100

会社概要はこちら


| 戻る |