川崎ものづくりブランド
HOME 製品に関するお問い合わせ プレスリリース 認定製品 認定申込 川崎ものづくりブランド推進協議会
認定製品〈第15回認定〉
認定製品第15回認定 【L-style】有限会社インディーズ・ジェイシー |
【PanoShot R】WIT((株)和興計測、(有)岩手電機製作所、(有)津田山製作所) |
【段積スティックフィーダー SFR-E28型】株式会社エナデック |
【デジはん】株式会社コスモテック |【打刻ちゃんTouch】株式会社データープロセスサービス |
【ケミルミネッセンスアナライザー】東北電子産業株式会社 |
【3次元ボールミル(3次元リアクター)】株式会社ナガオシステム |
【プロフィット】株式会社プロフィット | 【おう吐物凝固剤(処理救急箱)】和光産業株式会社

段積スティックフィーダー SFR-E28型

会社概要はこちら

段積スティックフィーダー SFR-E28型

素早く正確な部品供給

本製品は、スティック内に一列に格納されている電子部品を1個ずつ切り出す装置である。主な用途は、基板実装用や部品検査用ロボット等への電子部品の供給であり、傾斜と振動により、電子部品をロボットがピックアップする場所へと移動させることで次工程に繋ぐ役割を果たす。素早く正確な部品供給ができるだけではなく、繊細な部品を傷めないことも本製品の特長。装着やメンテナンスが容易であることも強みとなっており、消耗品や経年劣化が原因のものを除けば、これまで故障の受付実績はなく、納入企業のリピート率は高い。


高い技術力を活かし、汎用性の高さを追及

当社は、1986年より、カスタマイズ型段積スティックフィーダーの製造、販売を開始。一部の大手企業に専属で販売しており、他社への販売は行っていなかった。近年、製造業の現場に基板実装用や部品検査用ロボットなどが数多く導入されている状況から、汎用性の高い段積スティックフィーダーの必要性を認識し、本製品の開発に着手。電子部品は種類が多く、開発は苦労の連続だったが、30年間蓄積してきたノウハウを活かし、本製品を完成させた。特許を取得していることが、新規性と独創性を有した製品である証だ。


自動化、省力化により生産性向上をサポート

段積スティックフィーダー SFR-E28型

2017年3月の販売開始以降、50台超を販売している。今まで人手で行っていた作業を「素早く」、「正確に」、「休みなく」行うことが可能となり、製造業者のコスト削減や生産増に貢献することができる。本製品を導入した企業からは、「人的ミスが無くなり、効率化を図ることができたため、他の製造工程に人員を充てることができた」といった作業の効率化や生産性向上に寄与するという声が多数寄せられていることからも、貢献度の高さが伺える。人員の負担を減らし、生産性を向上させることのできる本製品は、近年叫ばれている働き方改革の強い味方と言えよう。



会社概要はこちら


| 戻る |