川崎ものづくりブランド
HOME 製品に関するお問い合わせ プレスリリース 認定製品 認定申込 川崎ものづくりブランド推進協議会
認定製品〈第15回認定〉
認定製品第15回認定 【L-style】有限会社インディーズ・ジェイシー |
【PanoShot R】WIT((株)和興計測、(有)岩手電機製作所、(有)津田山製作所) |
【段積スティックフィーダー SFR-E28型】株式会社エナデック |
【デジはん】株式会社コスモテック |【打刻ちゃんTouch】株式会社データープロセスサービス |
【ケミルミネッセンスアナライザー】東北電子産業株式会社 |
【3次元ボールミル(3次元リアクター)】株式会社ナガオシステム |
【プロフィット】株式会社プロフィット | 【おう吐物凝固剤(処理救急箱)】和光産業株式会社

3次元ボールミル(3次元リアクター)

会社概要はこちら

3次元ボールミル(3次元リアクター)

運動効果を極限まで発揮させる画期的な装置

本製品は、高速3次元回転の活用により、有機物・無機物を問わず、難易度の高い混合、分散、乳化、粉砕を行う装置である。比重や粘度の異なる物質を、ブレードを使用することなく高均一に混合、分散、乳化することができ、乾式でも湿式でも摩擦力を活かした微粉砕を行うことができる。高速3次元回転による混合等は、従来の2次元回転と比較して「低発熱」、「高均一化」、「微細化」などといった点で優れており、幅広いニーズに応えることができる。


長年のノウハウ×閃きで製品化

当社は小型理化学用回転機器の開発・製造に長年携わってきていたが、従来の高速2次元回転では、高速回転時に壁面に素材が張り付く現象と微粒子が底部へ移動し凝集化する現象が避けられず、頭を悩ませていた。

「高速2次元回転にもうひと回転を加えたらこれらの課題が解決できるのではないか。」従来製品に固執しない閃きをきっかけに開発を進めた結果、高速で3次元回転させる装置の完成に至った。本製品は、容器内部の壁面全体を活用し、高比重や微細な素材でも凝集する時間を与えないことが最大の特長であり、従来製品の欠点を見事に解消している。


最先端のものづくりに貢献

近年、バッテリー材料やエレクトロニクス用導電性ペーストなど、高付加価値化した材料のニーズが増加しているが、これらの材料は有機物と無機物の難しい混合を必要とする。本製品は、従来の2次元回転による装置では対応できないこうした混合にも対応可能であり、熱変化に弱い医薬品や化粧品にも使用できるなど、用途の幅は広い。多数の大学や大手メーカーへの導入実績が、本製品が秘める可能性を物語っており、今後は最先端材料の研究が盛んなアメリカへの販路開拓を目指していく。


3次元ボールミル(3次元リアクター) 3次元ボールミル(3次元リアクター)
3次元ボールミル(3次元リアクター)

会社概要はこちら


| 戻る |