第17回

第17回, 情報通信・エレクトロニクス

AVRシステム

AVRシステム

頭部に装着するヘッドセットに、コンピュータで生成する仮想映像とヘッドセットに装着した3D立体視カメラによって撮影される実写体の合成表示が可能な次世代型VRシステム。機器操作トレーニングや危険回避訓練など従来、属人的に技術承継を行っていた作業を本製品によって、円滑に訓練ができる。

株式会社 ACW-DEEP
住所 〒212-0032 川崎市幸区新川崎7-7 KBIC322
電話番号 044-201-8839
Fax 044-201-8839

第17回, インテリア・生活用品

スキー・スノーボードワックス「G-SLIDE WAX シリーズ」

スキー・スノーボードワックス「G-SLIDE WAX シリーズ」

当社独自のセルロースナノファイバーの分散技術を用い、従来品の石油系パラフィンやフッ素を主成分としたワックスと同等の滑走性を実現させた植物素材由来のスキー・スノーボード用ワックス。既製品とは異なり、環境保全とプロ競技者仕様の性能の両立を図ることを実現させ、国際的な展開が期待される。

株式会社 成光工業
住所 〒210-0854 川崎市川崎区浅野町6-7
電話番号 044-366-5855
Fax 044-333-7860

第17回, インテリア・生活用品

静電吸着ボード「ESCLIP」

静電吸着ボード「ESCLIP」

半導体装置部品の製造技術を活かし開発した、微弱な静電気により紙をそのまま「貼って」「はがせる」ディスプレイボード。顧客の仕様に応じ、特注品のオーダーも可能。省電力設計にしており、電池の場合、常時稼働でも約半年間は吸着力が
持続。教育、舞台芸術など幅広い用途での使用が期待できる。

株式会社 クリエイティブテクノロジー
住所 〒213-0034 川崎市高津区上作延507-1
電話番号 044-853-1757
Fax 044-861-5096

第17回, 建設

杭打機・杭抜機「アボロン シリーズ」

杭打機・杭抜機「アボロン シリーズ」

従来の大型機械では難しかった規制の厳しい市街地等での工事需要に対応可能な中小型の杭打・杭抜機。クレーンやショベルに装着し一台で杭打ち・杭抜きの両方の工事ができる。また組立・分解・運搬が容易で工期の短縮に貢献し排出ガス対策等にも繋がっている。

アボロンシステム 株式会社
住所 〒210-0861 川崎市川崎区小島町4-5
電話番号 044-299-2616
Fax 044-299-1889

第17回, 工作機械

研究開発向けガラス切り「アルタイル」

研究開発向けガラス切り「アルタイル」

通常のガラスからシリコンウエハー、サファイア等の結晶基板まで様々な実験用基板の切断に用いられる裁断機。特許取得をしている独自の刃の高さ調整機能と圧力調整機能により、初心者でも簡単に切断可能。また、8種類のカッターを取り揃えており、研究開発目的に応じ、最適なサイズの切断ができる。

アステラテック 株式会社
住所 〒214-0034 川崎市多摩区三田2-3227
明治大学地域産学連携研究センター 301号室
電話番号 044-299-7512
Fax 044-299-7514

第17回, 工作機械

SONOFILE「超音波カッター シリーズ」

SONOFILE「超音波カッター シリーズ」

刃物を1秒間に2万~4万回振動させることで、通常の刃物では切断しにくい樹脂製品や複合材料などの切断を容易にする。
ツールをロボットハンドに装着することで3次元加工やエア冷却を使用することで24時間稼働も可能。初期費用やランニングコストが安価でメンテナンス性に優れる他、粉塵等がほぼ発生せず、環境にも配慮した製品。

株式会社 ソノテック
住所 〒213-0013 川崎市高津区末長3-28-19
電話番号 044-877-8311
Fax 044-877-8312

第17回, 工作機械

油圧用サーボアンプ「KSV シリーズ」

油圧用サーボアンプ「KSV シリーズ」

機械的なフィードバック機能を備えたノズルフラッパー型油圧用サーボアンプ。従来品と異なり、ユーザーが内部スイッチにより、サーボバルブの定格電流値に合わせて変更できるよう改良。主に、船舶の横揺れ防止装置などに用いられ、稀少な国内メーカーとして顧客の指定する仕様にも柔軟に対応可能。

株式会社 工苑
住所 〒213-0032 川崎市高津区久地4-26-41
電話番号 044-811-3421
Fax 044-811-2238

第17回, 防犯・防災

リユース鉛蓄電池ユニット「MOTTA MOBILE POWER UNIT」

リユース鉛蓄電池ユニット「MOTTA MOBILE POWER UNIT」

廃棄対象の鉛蓄電池の機能回復に関する特許を活用した電池ユニット。停電発生時に同時に50台、最大1,000台の携帯端末の充電が可能。本来、環境負荷の高い鉛を再利用することで、環境負荷低減が期待できる。月額定額課金制を導入し、重量も軽いため、導入のハードルが低く、全国的な展開が期待できる。

株式会社 イグアス
住所 〒212-0013 川崎市幸区堀川町580
ソリッドスクエア西館21階
電話番号 044-280-8500
Fax 044-280-8589